• アクセス状況まとめ

    新規とリピート、各デバイスからのアクセス状況を一覧表示。比較期間との増減もすぐ分かる。

    • 全体、新規とリピーター、各デバイスごとのデータを一覧表示。

    • 比較期間との変化がひと目で分かるレポート。

    定例会などでの提案例

    • スマホから来たユーザーは滞在時間が短くコンバージョン数が全体的に少なめです。サイトの見直しを検討しましょう。

    • 新規のアクセス数が伸びておりページビューも増加していますがコンバージョン数が伸びていません。まずは資料請求など敷居の低い成約ポイントを付けてみてはいかがでしょうか?

  • ユーザー属性とデバイス
    レポート

    ユーザーの属性(性別や年代など)とPC、スマホ、タブレットの各デバイスからの流入状況を詳細に分析し円グラフと共に一覧表示

    • 新規とリピーター、更にそれぞれのユーザーがどのデバイスから来たのか?男性か女性か?などがひと目で分かる。

    • 集計期間と比較期間との差もひと目で分かるレポート。

    定例会などでの提案例

    • リピーターの中でも女性のアクセス数が増えているようです。サイト内に女性向けのコンテンツを投入してはいかがでしょうか?

    • 年齢の割合では若年層からの流入が増加しているようです。どのページがよく読まれているのか解析して商品のラインナップに活かしましょう。

  • コンバージョンレポート

    コンバージョン総数=(新規集客数×新規成約率)+(リピーター集客数×リピーター成約率)と分解して考えることができる。コンバージョン数を増やすにはこのうちどこを改善すべきか?

    • コンバージョン総数(成約総数)=(新規集客数×新規成約率)+(リピーター集客数×リピーター成約率)と分解し、どの要素を強化すべきか発見できる。

    • 成約したユーザーの内容はどうなっているのか?年代は?デバイスは?など改善に役に立つデータをひと目で把握できる。

    定例会などでの提案例

    • リピーターの成約率が高く、中でも若い女性の割合が多いようです。リターゲティング広告で女性向けのバナーを配信してはいかがでしょうか?

    • 新規のユーザーの成約率が前回よりも高くなっています。集客数を増やせば全体の成約数の増加が見込めそうなため今行っている広告の出稿量を増やしましょう。

  • 月次推移レポート

    月単位の各種データを表と折れ線グラフの2つで表示。先月との対比がどれくらいなのか?ひと目でわかるレポート。

    • 過去12ヶ月間のデータの流れを一枚に集約。比較期間との増減も同時に表示。

    • セッション数やページビュー数などを折れ線グラフで表示。年間を通した全体の流れを把握しやすい。

    定例会などでの提案例

    • 昨年から徐々にアクセス数が増加してきており特に3月と4月の反響が良いようです。今年はこの時期になったら広告を新たに出してみましょう。

    • 先月から平均セッション時間が大幅に増加しているようです。最近アップしたページやブログ記事などでよく読まれている箇所を特定しサービス提供に活かしましょう。

  • 日次推移レポート(表)

    1日単位の各種データを表形式で作成。集計期間と比較期間を表示し、改善されたら緑色、要改善では赤色のフォントで表示。デバイス別にも作成可能。

    • レポート作成期間のデータを1日単位で表示。1ヶ月を超える場合も表示が可能。

    • 西暦から日付を表示するため月や年をまたぐ期間でも問題なく表示。

    定例会などでの提案例

    • 前回と比べて月の前半はセッション数が増えてコンバージョン率も高くなっています。広告は月の最初に多くの予算を割り振りましょう。

    • 今月から開始した広告によってセッション数は増加していますが滞在時間が低く直帰率が上がっています。ランディングページを見直してみてはいかがでしょうか?

  • 日次推移レポート(グラフ)

    日次推移レポート(表)とセットでグラフを作成。集計期間を濃い色の折れ線グラフ、比較期間を薄い色の折れ線グラフで表示。

    • レポート作成期間のデータを1日単位で表示。1ヶ月を超える場合も表示が可能。

    • 西暦から日付を表示するため月や年をまたぐ期間でも問題なく表示。

    定例会などでの提案例

    • 前回と比べて月の前半はセッション数が増えてコンバージョン率も高くなっています。広告は月の最初に多くの予算を割り振りましょう。

    • 今月から開始した広告によってセッション数は増加していますが滞在時間が低く直帰率が上がっています。ランディングページを見直してみてはいかがでしょうか?

  • 時間帯の推移レポート(表)

    1時間単位の各種データを表形式で作成。集計期間と比較期間を表示し、改善されたら緑色、要改善では赤色のフォントで表示。デバイス別にも作成可能。

    • 24時間表示で各デバイスごとにもレポート作成可能。表形式と折れ線グラフのセットで作成。

    • 比較期間との増減をフォントカラーで表示。効果が上がっていれば緑色、要改善の場合は赤色のフォントで表示。

    定例会などでの提案例

    • 12時から13時の間のアクセス数が増え平均滞在時間もCV数も増えています。反響の良いページへ更にこの時間帯に広告を出稿しましょう。

    • 22時から24時は前回同様にコンバージョンが取れていません。この時間帯は広告を一時停止しましょう。

  • 時間帯の推レポート(グラフ)

    時間帯の推移レポート(表)とセットでグラフを作成。集計期間を濃い色の折れ線グラフ、比較期間を薄い色の折れ線グラフで表示。

    • 24時間表示で各デバイスごとにもレポート作成可能。表形式と折れ線グラフのセットで作成。

    • 比較期間との増減をフォントカラーで表示。効果が上がっていれば緑色、要改善の場合は赤色のフォントで表示。

    定例会などでの提案例

    • 12時から13時の間のアクセス数が増え平均滞在時間もCV数も増えています。反響の良いページへ更にこの時間帯に広告を出稿しましょう。

    • 22時から24時は前回同様にコンバージョンが取れていません。この時間帯は広告を一時停止しましょう。

  • 曜日別推移レポート

    曜日別にデータを集計し、集計期間と比較期間のデータを並べて曜日ごとに比較しやすいレポート。

    • セッション数やページビュー数などを曜日別に表と円グラフで表示。

    • 過去データとの比較でフォントカラーが変わるため何曜日のどの項目が改善または要改善なのかがすぐわかる。

    定例会などでの提案例

    • 月曜日のコンバージョン数が増加しています。広告の掲載順位を上げたためと思われます。他の曜日も試してみましょう。

    • 土日の直帰率が下がっているようです。休日にゆっくり読むコラムの掲載を開始した成果が出ています。ここからコンバージョンにつながる導線を強化しましょう。

  • 検索キーワードレポート

    検索エンジンで検索されたキーワードを一覧表示。PC、スマホ、タブレット毎にレポート作成可能。Search Consoleとの連携は今後開発予定。

    • 検索クエリを一覧表示するレポート。セッション数やコンバージョン数などのデータを表示。

    • Search Consoleとの連携を開発予定。各デバイスごとにレポート作成可能。

    定例会などでの提案例

    • キーワード○○○でコンバージョンが取れています。関連キーワードでリスティング広告を強化しましょう。

    • キーワード○○○はセッション数が多い割に直帰率も高く反響がよくありません。関連するコンテンツを増やすなど対策を行いましょう。

  • サイトの入り口レポート

    サイトのどのページから訪問されたのか?トップページ以外からも多くの流入があり、それぞれのページの滞在時間や直帰率などもわかるレポート。デバイスごとに作成可能。

    • どのページからサイトに訪問したのかを一覧表示。

    • トップページ以外からの流入で改善すべきページの発見や逆に流入を増やすべきページの発見などに使用。

    定例会などでの提案例

    • 商品一覧ページから流入したユーザーは滞在時間が長くコンバージョンも取れているようです。広告の飛び先に設定してみましょう。

    • ブログから来たユーザーはページビューも多くコンバージョンも取れています。アップする記事を増やしていきましょう。

  • メディア参照元レポート

    Google検索経由や広告経由、特定のサイトからリンクを辿って訪問したなどメディアと参照元を一覧表にしたレポート。

    • GoogleやYahoo!などの参照元や自然検索、リスティング広告などのメディアのデータを一覧表示するレポート。

    定例会などでの提案例

    • 参照元○○○からのアクセスではコンバージョンも取れているためこのサイトに広告を掲載できないか調べてみましょう。

    • Googleのリスティング広告からのアクセスは直帰率がやや高いようです。ランディングページを見直してみましょう。

  • 有料広告の飛び先レポート

    リスティング広告のランディングページなど有料広告の飛び先として指定しているページの各種データを表示するレポート。Yahoo!やGoogleの管理画面だけではわからない直帰率や滞在時間などを表示。

    • GoogleやYahoo!のリスティング広告など有料広告の飛び先となるランディングページのデータを表示したレポート。

    定例会などでの提案例

    • Google AdWords広告(Googleのリスティング広告)の飛び先の〇〇○.com/○○は直帰率が高くコンバージョンが取れていないため改善が必要です。

    • Yahoo!の場合、ランディングページの滞在時間が概ね長いのですが、コンバージョン数が少ないのでコンテンツの見直しが必要です。

  • 都道府県別レポート

    地図上にデータをプロットした都道府県別レポートでは、作成されたエクセル形式のレポート上で見たいデータに切り替えが可能。セッション数やコンバージョン数、直帰率などプルダウンで切り替えることによって地図上のデータも連動。

    • 日本地図上にセッション数などのデータを表示。ページ右上にあるプルダウンで表示させるデータを変更可能。

    • セッション数、ページビュー、直帰率など様々なデータにExcel上で変更可能で地図上のデータも連動する。

    定例会などでの提案例

    • コンバージョン数の上位は東京、神奈川でコンバージョン率は静岡が上位に来ています。配信先を静岡にした広告を増やしましょう。

    • 平均セッション時間が長い○○県のコンバージョン数は比較的少ない状況です。細かく調査して対策を立てましょう。

Copyright © 2021 ADrim. All Rights Reserved.